準Vの31歳“ママさん選手”アザレンカ 笑顔で「全力尽くした」

[ 2020年9月14日 05:30 ]

全米オープン第13日 女子シングルス決勝 ( 2020年9月12日    ニューヨーク ビリー・ジーン・キング・ナショナル・テニスセンター )

大坂に敗れたアザレンカ(AP)
Photo By AP

 オープン化以降の4大大会でママさん選手として4人目の優勝を逃したが、31歳のアザレンカの表情はすがすがしかった。7年ぶりの全米決勝で元世界1位の意地を見せて「全力は尽くした」と笑った。

 第1セットを簡単に奪ったが、第2セットから「エネルギーが落ちた」とミスが目立ち、22歳のパワーに押された。12、13年に全豪を連覇。16年に長男を出産後に復帰したが、本来のプレーが戻らず「やめる決意はできていた」が、全米で2週間を戦い抜く力強さを取り戻した。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2020年9月14日のニュース