柔道女子70キロ級五輪代表・新井“出稽古”望む 国際大会など出場意向も

[ 2020年9月8日 05:30 ]

 柔道の東京五輪女子70キロ級代表の新井千鶴(三井住友海上)がオンラインの合同取材に応じ、来夏に延期となった大舞台に向け「五輪に限らず、人生で絶対はない。今を大事にしないと先はない。目標を持ち続けてぶれずにやる」と不動心を強調した。

 8月からは所属の道場で乱取りなど本格的な稽古も再開したが、他所属や外国人選手との練習からは遠ざかる。「他の選手と稽古したい。試合でしか味わえない緊張感もある」と話し、本番前に国際大会などに出場する意向を示した。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2020年9月8日のニュース