大坂なおみ “棄権”一転、準決勝出場へ 大会1日中断に感謝「多くの注目を集めてくれた」

[ 2020年8月28日 06:25 ]

準々決勝で勝利し、引き揚げる大坂(AP)
Photo By AP

 女子テニスで世界ランキング10位の大坂なおみ(22=日清食品)が、棄権の意思を表明していたウエスタン・アンド・サザン・オープン(ニューヨーク)の準決勝に急転して出場する見通しとなった。ESPNなど複数の海外メディアで「WTA(女子テニス協会)とUSTA(米国テニス協会)との協議の結果、金曜日の準決勝をプレーすることに同意した。大会を1日中断することで、この抗議に多くの注目を集めてくれた。感謝したい」と掲載されたもの。

 警察官による黒人男性銃撃事件への抗議を目的に4強入りした大会のボイコットを表明したが、この決断に賛同した大会主催者が27日に予定されていた同大会の1日中断を決めたことで、出場の意思を固めたという。準決勝では世界22位のエリーゼ・メルテンス(24=ベルギー)と対戦する。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2020年8月28日のニュース