エアレース王者・室屋 山形上空にプロペラ機でスマイルマーク

[ 2020年8月22日 05:30 ]

エアレースパイロット室屋義秀が小型プロペラ機で空に描いた笑顔のマーク=21日午後、山形市
Photo By 共同

 新型コロナウイルス感染症の収束が見えない中、人々を元気づけようと、福島市在住のエアレースパイロット室屋義秀(47)が21日、小型プロペラ機の白いスモークで、山形県内8カ所の上空に笑顔のマークを描いた。山形市中心部の郷土館「文翔館」では午後0時半ごろ、SNSなどで情報を得た約30人が夏空を見上げ、マークを写真に収めた。

 室屋ファンという山形市の主婦工藤亜也子さん(38)は息子明君(3)と観賞し「イベントが中止になる中、楽しめてよかった」。室屋はフライト後、「数分間でも、気分をリフレッシュさせる手伝いができたとしたら光栄だ」と語った。

続きを表示

この記事のフォト

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2020年8月22日のニュース