高木美帆 リンク記録塗り替え圧勝 今季W杯個人種目初勝利

[ 2020年2月10日 05:30 ]

スピードスケートW杯第5戦最終日 ( 2020年2月8日    カナダ・カルガリー )

女子1500メートルで優勝した高木美(AP)
Photo By AP

 女子1500メートルは高木美帆(25=日体大助手)が1分50秒33で勝ち、W杯のこの種目で9勝目、個人種目通算では11勝目を挙げた。

 自らの世界記録には0秒5遅れたものの、高木美は2位に1秒43の大差をつけた。リンク記録を塗り替え、今季W杯個人種目初勝利。13日からは昨年3月に世界記録をつくったソルトレークシティーが舞台となる。目標とする次戦の世界距離別選手権へ弾みをつけた格好だが「ここで過信すると1週間でいくらでもひっくり返る。あくまでいいレースができたということだけ意識したい」と表情を引き締めた。

続きを表示

この記事のフォト

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2020年2月10日のニュース