山田将矢 男子1000メートル日本新7位「表彰台いける」

[ 2020年2月10日 05:30 ]

スピードスケートW杯第5戦最終日 ( 2020年2月8日    カナダ・カルガリー )

 男子は1000メートルで山田将矢(23=日本電産サンキョー)が日本新記録となる1分7秒34で7位になった。

 北海道帯広市出身の山田が日本記録を更新した。「スタートの1、2歩目からずるずると後ろに流れてしまった」とミスが出たが盛り返し、18年3月に久保がつくった記録を0秒42縮めた。山田は1月下旬にカルガリーへ入り、オランダの強豪、ナウシュらの滑りを観察して上体の使い方などを学んだという。次戦の世界距離別選手権へ「このレースで確信に変わったというか、表彰台いけるなと思った」と自信を深めた。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2020年2月10日のニュース