渋野日向子「一刻も早く終息することを祈っております」米ツアー2大会中止でコメント

[ 2020年2月10日 16:27 ]

女子ゴルフの渋野日向子
Photo By スポニチ

 感染が拡大する新型コロナウイルスによる肺炎の影響を受け、20日開幕の米女子ゴルフツアーのホンダLPGA(タイ)と、翌週のHSBC女子世界選手権(27日開幕、シンガポール)の2大会が中止となった。LPGA(全米女子プロゴルフ協会)が9日(日本時間10日)に発表した。ともに、東京五輪出場を目指す渋野日向子(21=サントリー)と畑岡奈紗(21=フリー)が出場を予定していた。

 渋野はマネジメント事務所を通じて、「楽しみにしていた大会が中止になり、とても残念です。新型コロナウイルスの影響の拡大が、一刻も早く終息することを祈っております」とのコメントを発表した。今季初戦に予定した海外の2試合がキャンセルとなったため、国内ツアー開幕戦のダイキン・オーキッド・レディース(3月5日開幕、琉球GC)から始動する予定。

 米女子ツアーはすでに中止を発表している3月5日開幕のブルーベイLPGA(中国)に加え、これでアジアシリーズは3週連続で開催中止となった。LPGAは「イベントに参加しているすべての人の健康と安全は、常に私たちの最優先事項です。残念なことですが、すぐにアジアに戻ることを楽しみにしています」とのコメントした。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2020年2月10日のニュース