張本 五輪へ世界ランク4位以内目標 卓球ドイツOPへ渡欧

[ 2020年1月28日 05:30 ]

ツアー緒戦となるドイツ・オープンに出発した張本
Photo By スポニチ

 東京五輪の卓球男子代表で世界ランク5位の張本智和(16=木下グループ)が27日、今年のワールドツアー初戦となるドイツ・オープン出発前に羽田空港で取材に応じ「中国選手にポイントで離されるわけにはいかない。やられるかも、という恐怖心を少しでも与えたい」と闘志を燃やした。

 五輪イヤーの新たな目標は世界ランク4位以内。4位以内なら五輪でシードとなり、準決勝まで上位の中国選手と対戦しない組み合わせとなる。「去年は5位から上がれなかったのでドイツから結果を残すしかない」と意気込んだ。さらに、早い段階で4位以内を確定させれば、後半のツアーを回避して練習期間に充てる青写真も披露。「練習ができれば五輪でも良いプレーができる。そのチャンスをつくりたい」と力強く語った。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2020年1月28日のニュース