兼実省伍が別大マラソン欠場 股関節周囲の状態悪化のため

[ 2020年1月28日 15:57 ]

 2月2日に行われるスポニチ後援・第69回別府大分毎日マラソンに出場予定だった国内招待選手、兼実省伍(29=中国電力)が欠場すると28日、大会事務局から発表された。欠場理由は「股関節周囲の状態悪化」のため。

 また視覚障がい者選手の男子、和田伸也(長瀬産業)、スピード・イーアン(日本ブラインドマラソン協会)、同女子の西島美保子(同)の欠場も発表された。

 レースは正午に大分市高崎山・うみたまご前をスタート。別府市亀川漁港前を折り返し、大分市営陸上競技場をゴールとする42・195キロで争われる。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2020年1月28日のニュース