八村塁 ブライアント氏を追悼「ありがとうコービー」「僕にとってもヒーロー」

[ 2020年1月28日 08:35 ]

ウィザーズの八村(AP)
Photo By AP

 NBAウィザーズの八村塁(21)が27日(日本時間28日)、自身のツイッターを更新。NBA界の元スター選手、コービー・ブライアント氏(41)が26日(同27日)に死去したことを受けコメントした。

 八村は「僕はこの事件を聞いてすごくショックを受けました。ほんとに信じられません。言葉が出ません」と心境を明かし「コービーは僕にとってもヒーローで、小さい頃からよく見ていました。僕は彼に一度だけ会ったことがありました」と告白。

 その後、連続投稿で「3年前のFinal4の時に、チームへのサプライズということで選手1人ずつに本人から特別なシューズをプレゼントしてくれました。それだけではなく、マンバメンタリティとは何か、バスケットボール選手以前に人とはどういうべきである人なのかと、いろいろな話しをしてくれました」と、ブライアント氏とのやり取りを明かした。

 続けて「彼はただのバスケットボール選手ではなくそれ以上の存在でした。今回このような事故になったのはほんとに悲しいです。彼のご家族、そして今回の事故に遭われてしまったご家族の方にご冥福をお祈りします」と書いて「ありがとうコービー」と感謝した。

 地元紙ロサンゼルス・タイムズ(電子版)によると、26日午前9時(同27日午前2時)すぎに出発したヘリコプターは、約1時間後の10時ごろ、ロサンゼルス西部の山に墜落。ブライアント氏のほか、同乗していた13歳の次女・ジアナさんを含めた9人全員が死亡した。ロサンゼルス南部のジョン・ウェイン空港から同氏が所有する中型ヘリに乗ってカマリロ空港へ移動中だった。

続きを表示

この記事のフォト

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2020年1月28日のニュース