タモリ×ラグビー福岡 爆笑トーク!【22分動画付き】(1)忘れられないスコットランド戦のトライ、実は

[ 2020年1月1日 12:00 ]

ラグビーボールを手に笑顔でぶつかり合うタモリ(左)と福岡(撮影・吉田剛)
Photo By スポニチ

 2020年いよいよ東京にオリンピックがやって来る!スポニチ五輪イヤーの幕開けを飾る特別ゲスト第1号は、56年前の東京大会で「閉会式に驚いた」というタレントのタモリ(74)。大好きなラグビーの日本代表で同じ福岡県出身の福岡堅樹(27)との豪華新春対談が実現した。日本中を熱くしたラグビーW杯や同じ30代での転身、そして東京五輪に懸ける思いまで硬軟織り交ぜた爆笑スクラムトークとなった。(聞き手・構成、阿部公輔、甘利陽一)

 ――タモリさん、実は大のラグビーファン。

 福岡 ありがとうございます!

 タモリ 昔から好きで。よく見に行ったのは松尾雄治がいて日本選手権7連覇した新日鉄釜石。スポーツ観戦でラグビーだけ、見ていて思わず声が出る。オワッ!アーッとか。随分前に吉永小百合さんと見に行ったことがあって。普段は穏やかで丁寧なのに試合始まると「いいッそこッ!」って。この人も俺と同じだと(笑い)。

 ――じゃあ今回のW杯は大変でしたね。

 タ いやぁ大変だった!試合後にはラグビー好きのヤツからジャンジャン電話かかってくるし。

 ――一番印象に残っているのは?

 タ 強豪アイルランドを破った一戦。興奮しました。泣いて電話かけてきたヤツいましたよ。プレーではスコットランド戦で蹴ったボールを…。

 福 あっ!ラファエレが蹴ったボールですね。

 タ そう!あれを福岡選手が捕ってトライしたでしょ。あれはもう目に焼き付いてますね。あれはキックもうまいですね。

 福 あの人、左利きなんですけど逆足で蹴っているんですよ。

 タ ツーバウンドした時の距離と高さを計算して蹴るんでしょ。逆足でよくそれができるよね。

 福 あれはもう、センスですね。彼ならできると僕も分かっていたので、そこに合わせてスピードを落とさずに走り込みました。

 タ そのままトップスピードでボールがよく手につきますね。

 福 結構キャッチングは自信あります。

 タ 手が大きいんですか?

 福 日本人の中では割と。ピアノやってたから手が(左右に大きく)開くんです。

 タ おおッ!指が長いし、開く。ピアノがラグビーに役に立つんだぁ!凄いねえ。あの時もこの辺の高さのボールを片手でね!ラグビーに興味を持ったのはいつ?

 福 5歳の時から始めたんですが、父が高校、大学とラグビーをやっていたので。

 タ そうなんだ。

 福 それで息子と一緒にラグビーをやりたいと。たまたま近くに芝生のコートがあって行ってみたら、はまっちゃって。

 タ 同時にピアノもやってたんだ。

 福 3歳から。

 タ あんまりいないでしょ。ピアノとラグビーっていう人は。

 福 両方やってる人は見ないですね。ラグビーやってると突き指とかしちゃうので。ピアノは小学校の時に練習が嫌でやめたかったんですが、父から「ピアノやめるならラグビーもやめろ」と言われて、それでやってました。でも今はピアノやってたことに感謝しています。

《続く》

 【プレゼント】2人が仲良くサインしたラグビーW杯公式球と色紙を各2人に!スポニチ元日付紙面をご覧の上、ご応募ください。

続きを表示

この記事のフォト

「羽生結弦」特集記事

「卓球」特集記事

2020年1月1日のニュース