×

松山英樹、小平智は予選落ち

[ 2019年9月28日 12:33 ]

 米男子ゴルフのセーフウェー・オープンは27日、カリフォルニア州ナパのシルベラードリゾート(パー72)で第2ラウンドが行われ、73位でスタートした松山英樹は2バーディー、2ボギーの72にとどまり、通算イーブンパー、144の86位と振るわず今季初戦で予選落ちした。

 28位から出た小平智は77と崩れ、通算3オーバーに終わった。

 64と伸ばしたブライソン・デシャンボーが通算12アンダーで首位に立ち、2打差の2位にニック・ワトニー(ともに米国)が続いた。

 ▼松山英樹の話 なかなかバーディーパットが入らず、最後は苦しい展開になってしまった。ティーショットが良くてフェアウエーから打てたのに、グリーンの硬さにうまくアジャストできなかった。予選落ちは悔しい結果だが、これより悪い成績はないので来週から頑張りたい。(共同)

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2019年9月28日のニュース