ラマス監督、大型司令塔の田中に自信「バスケIQが高い」

[ 2019年7月31日 05:30 ]

日本代表候補選手を発表するフリオ・ラマスHC(撮影・吉田 剛)
Photo By スポニチ

 富樫が右手骨折で離脱したことにより、田中が代役で司令塔を務める可能性が高まった。身長は富樫の1メートル67に対して、田中は1メートル92。

 ラマス監督は1次リーグで対戦するトルコ、チェコを念頭に「欧州のサイズの大きいPGに対抗できる」とし、「田中はバスケIQが高い。ゲームを読む力もあるし、システムを全て頭に入れている。ボールをさばく能力も評価できる」と期待を口にした。

続きを表示

「渋野日向子」特集記事

「ラグビーワールドカップ2019日本大会」特集記事

2019年7月31日のニュース