渡辺雄、W杯見据えて「準備はできている」 痛めた左足も大丈夫

[ 2019年7月31日 05:30 ]

W杯の目標を「勝つ」と色紙に記す渡辺雄(撮影・吉田 剛)
Photo By スポニチ

 昨季、田臥勇太以来日本人2人目のNBAプレーヤーとなった渡辺雄は、「いよいよ代表が始まる。準備はできている」とW杯を見据えた。

 サマーリーグでは左足を痛めたものの、「ひどいケガじゃなかった。すぐに練習できる状態だった」とコンディションに不安はない。代表でファジーカスとプレーするのは初めてとなる。「ようやく彼とも一緒にプレーができる。このメンバーでプレーするのが楽しみ。早く試合がしたくてしようがない」。親交の深い富樫が右手骨折で離脱し「凄いショック」としたが、「彼の分まで一生懸命プレーして、東京五輪では一緒にやりたい」と話した。

続きを表示

「渋野日向子」特集記事

「ラグビーワールドカップ2019日本大会」特集記事

2019年7月31日のニュース