上野、回復順調 宇津木監督「ピッチングに対して欲が出ている」

[ 2019年7月31日 05:30 ]

 ソフトボール女子日本代表の合宿が30日、群馬県高崎市の宇津木スタジアムで公開された。宇津木麗華監督(56)は顎の骨折で戦線離脱している上野由岐子(37=ビックカメラ高崎)の回復具合を明かした。

 上野は7月上旬に投球練習を再開しており、現在は球の切れに納得がいかない様子も見せているという。宇津木監督は「ピッチングに対して欲が出ている。そういう話ができているのはうれしい」と笑顔を見せた。再検査の結果も問題はなく、「とにかく上野が戻ってきて一つのチームとして動きたい」と語った。

続きを表示

「渋野日向子」特集記事

「ラグビーワールドカップ2019日本大会」特集記事

2019年7月31日のニュース