原沢、リセットして世界選手権へ 柔道GP準優勝で帰国

[ 2019年7月31日 05:30 ]

 柔道のグランプリ(GP)ザグレブ大会で準優勝に終わった男子100キロ超級の原沢久喜(百五銀行)が羽田空港に帰国し、「世界選手権(8月25日開幕、日本武道館)のシード権を獲得するのが目的だったので、その点は良かった」と振り返った。

 決勝では世界ジュニア王者のゲラ・ザーリシビリ(ジョージア)に敗戦。19歳に最後は強引に投げられるショッキングな敗戦となったが「連戦の疲れもあった。しっかりリセットして世界選手権に向かいたい」とすでに切り替えた様子。世界ランクを5位から4位に上げ、組み合わせの面で有利になる本番で結果を残す。

続きを表示

「渋野日向子」特集記事

「ラグビーワールドカップ2019日本大会」特集記事

2019年7月31日のニュース