剣翔、新入幕確実で勝ち越しに闘志 十両初優勝も「調子が良かっただけ」

[ 2019年7月31日 05:30 ]

 秋場所で新入幕が確実な十両・剣翔が「目指すのは勝ち越し」と気合を込めた。16年初場所の十両昇進から幕内昇進に約3年半を要した。「たまたま先場所、調子が良かっただけ」と謙遜するが、速く前に出る相撲を実践して十両初優勝。

 「ベッドが軟らかいと体が沈むので、布団をもらって床に寝ている」。持病の腰痛に耐えながら巡業に参加。「このまま勢いが続けばいいが、優勝も新入幕も重なったので、怖い」と慎重な一面も見せた。

続きを表示

「渋野日向子」特集記事

「ラグビーワールドカップ2019日本大会」特集記事

2019年7月31日のニュース