富士登山競走 山田が男子山頂コース初V!女子は吉住が3連覇

[ 2019年7月27日 05:30 ]

《第72回富士登山登山競走》山頂男子総合優勝の山田雄喜と同女子総合優勝の吉住友里
Photo By スポニチ

 第72回富士登山競走(スポニチ後援)は26日、山梨県富士吉田市役所前をスタートする山頂、五合目コースに4043人がエントリーして行われた。悪天候のため五合目で打ち切りとなった山頂コース男子は山田雄喜(東農大)が1時間17分26秒で初優勝、同女子は吉住友里(MEDIFOAM)が1時間37分23秒で3連覇を飾った。五合目コース男子は斎藤拓也(日税ビジネス)が、同女子は吉田香織(Team R×L)が制した。 

 <山頂男子>昨年の五合目コース覇者の山田が山頂コースも初出場で制してみせた。「参加者のレベルが高い中で優勝の目標は達成できたが、山頂で勝つことが本当の勝利。来年に持ち越しですね」と五合目での打ち切りを残念がった。昨夏まで実業団・コモディイイダに在籍した21歳は、今春東農大に入学し、箱根駅伝を目指している。「箱根の5区を走りたい。上りが得意でもあるし、好きでもあるので、将来的にもやっていきたい」と目を輝かせた。

 <山頂女子>世界女王を目指す吉住が五合目打ち切りでも2位に8分26秒差をつける圧勝で3連覇。「山頂に行けず残念だが、3連覇できたことはうれしい。今日のベストは尽くせた」と胸を張った。16年からスカイランニングを始めた33歳は今年からワールドシリーズとなるVKWCに本格参戦し世界を転戦。現在2位2回と4位1回で年間ランキング2位につけている。9月にスイス、フランスでの2試合を残しており、「今年のメインは9月に持っていく。優勝はいい弾みになった」と話した。

続きを表示

「渋野日向子」特集記事

「NBA」特集記事

2019年7月27日のニュース