BS朝日「世界水泳」でアーティスティックスイミング決勝を4K生中継

[ 2019年6月21日 11:00 ]

注目の乾・吉田ペア(C)西村尚己/アフロスポーツ
Photo By 提供写真

 BS朝日は7月12日開幕の水泳世界選手権「世界水泳 韓国・光州2019」でアーティスティックスイミング(AS)全10種目の決勝を4K生中継すると発表した。海外開催のスポーツ国際大会を4K生中継するのはBS民放初となる。

 シンクロナイズドスイミングから名称変更した、アーティスティックスイミング。注目は新生デュエット乾友紀子・吉田萌(めぐむ)ペア。昨年のアジア大会では銀メダルを獲得。世界水泳でもメダルを目指す。エース乾はソロでもメダル候補。チーム、フリーコンビネーションもメダルを狙える位置にきている。また、ミックスデュエットでは2015年の種目採用時に結成された安部篤史・足立夢実ペアにも期待。着実に実力をつけ、前回大会は僅差の4位。今大会で悲願の表彰台を狙う。

 さらに、今大会ではリフトなど派手な技を多用するチーム種目「ハイライトルーティン」が初実施される。AS全10種目の決勝を7月13日から20日まで8日間連続でゴールデンタイムを中心に20時間にわたり4K生中継。メダル候補の活躍に期待が懸かる。

続きを表示

「渋野日向子」特集記事

「NBA」特集記事

2019年6月21日のニュース