男子飛び込み 玉井7位通過 国際大会デビュー戦

[ 2019年6月8日 05:30 ]

飛び込み グランプリ(GP)スペイン大会 ( 2019年6月7日    マドリード )

男子高飛び込み予選を通過した玉井
Photo By 共同

 7日に開幕し、4月の日本室内選手権で最年少優勝した12歳の玉井陸斗(JSS宝塚)が男子高飛び込み予選を387・60点の7位で突破した。国際大会デビューとなった兵庫・高司中1年の玉井は予選の2回目に得意の入水が乱れて39・60点と低い点数にとどまったが「出だしは良かった。落ち着いてできた」とミスを引きずらなかった。

 女子板飛び込みで世界選手権代表の三上紗也可(米子DC)は予選を通過したが、準決勝はB組4位にとどまり決勝に進めなかった。

続きを表示

「渋野日向子」特集記事

「ラグビーワールドカップ2019日本大会」特集記事

2019年6月8日のニュース