桃田が帰国 アジア選手権V2で平成締め「よかった」

[ 2019年4月30日 05:30 ]

バドミントンのアジア選手権から帰国し、取材に応じる桃田
Photo By スポニチ

 バドミントンのアジア選手権(中国・武漢)で2連覇を達成した男子シングルス世界ランキング1位の桃田賢斗(24=NTT東日本)が成田空港に帰国した。

 平成ラストの同大会決勝で同2位の石宇奇(中国)を逆転で撃破。「平成の締めくくりはよかった」と振り返り、令和時代に向け「悔いの残らない選択をしたい」と語った。この日から1年にわたる20年東京五輪選考レースがスタート。桃田は来月19日開幕のスディルマン杯(中国・南寧)が1発目の出番となるが「やることは変わらない」と話した。

続きを表示

「大坂なおみ」特集記事

「羽生結弦」特集記事

2019年4月30日のニュース