MGC出場選手決定 瀬古氏、旭化成“ゼロ”に「寂しい」

[ 2019年4月30日 05:30 ]

小出義雄さん告別式に参列した瀬古利彦氏(撮影・西海健太郎)
Photo By スポニチ

 日本陸連の瀬古利彦マラソン強化戦略プロジェクトリーダー(62)は、20年東京五輪代表選考会「マラソングランドチャンピオンシップ(MGC)」への出場選手が出そろったことについて「大迫、設楽を含めて、出てほしいという人が9割5分は出ている。楽しみなMGCになると思う」と総括した。

 一方で、マラソンの名門・旭化成からMGC出場者がゼロという現状に「最初は旭化成からは3~5人くらい出て総勢40人と予想したが、旭化成の分だけ35人になった。女子も出足が悪くて15人にとどまったのは寂しいね」と話した。

続きを表示

「大坂なおみ」特集記事

「羽生結弦」特集記事

2019年4月30日のニュース