羽生の新モニュメント 除幕式に600人が歓声 仙台

[ 2019年4月30日 05:30 ]

仙台でお披露目された羽生の新モニュメント=右(撮影・長久保 豊)
Photo By スポニチ

 冬季五輪のフィギュアスケート男子で2連覇を達成した羽生結弦(ANA)の活躍を称える新たなモニュメントが地元の仙台市の地下鉄東西線国際センター駅に設置された。

 除幕式には市民ら約600人が集まり、幕が外された瞬間、歓声が上がった。高さ2・3メートル、幅1.6メートルで、デザインは平昌五輪のフリーでも披露したプログラム「SEIMEI」の冒頭から採用された。

続きを表示

「大坂なおみ」特集記事

「羽生結弦」特集記事

2019年4月30日のニュース