ラムズ、史上2チーム目「ゼロTD負け」 組織守備に攻撃沈黙

[ 2019年2月5日 05:30 ]

第53回スーパーボウル   ペイトリオッツ13―3ラムズ

 72年のドルフィンズ以来史上2チーム目の「ゼロTD負け」で、19季ぶりの頂点はならなかった。

 相手の組織的守備にパスもランも封じられ、今季リーグ2位の平均32.9点を誇った攻撃陣が沈黙。スーパーボウル史上最年少33歳のマクベイ監督は「守備は良かったが、ペイトリオッツが素晴らしかった」と話した。

続きを表示

「大坂なおみ」特集記事

「羽生結弦」特集記事

2019年2月5日のニュース