“ミス・パーフェクト”宮原、まさか最下位 切り替える

[ 2018年12月8日 05:30 ]

フィギュアスケート GPファイナル第1日 ( 2018年12月6日    カナダ・バンクーバー )

女子SP、優雅な滑りを見せる宮原知子(撮影・小海途 良幹)
Photo By スポニチ

 “ミス・パーフェクト”宮原が、まさかの最下位となった。冒頭に組み込むルッツ―トーループの連続3回転ジャンプで失敗し、単発に終わったルッツも回転不足を取られた。

 高得点を叩き出した紀平の直後だったが、演技に集中はできていた。「自信がなかったわけではない。フリーに切り替えてちゃんと跳べるよう、1日空くので頑張りたい」と修正を口にした。

続きを表示

この記事のフォト

「大坂なおみ」特集記事

「羽生結弦」特集記事

2018年12月8日のニュース