厳しい貴源治「肩持てない」貴景勝は「平和に終わって」

[ 2018年12月8日 05:30 ]

貴ノ岩 引退届受理

厳しい表情で千賀ノ浦部屋を出る貴ノ岩(左)
Photo By 共同

 宮崎県延岡市で行われた冬巡業では貴ノ岩に対し、元貴乃花部屋の弟弟子が苦しい胸の内を吐露した。十両・貴源治は「自分が一番、胸を出してもらった」と感謝しつつも、暴力について「それとこれとは別問題。肩は持てない」と厳しい意見。さらに角界を離れた後にも言及し、「世間の風当たりは強くなる。それを認めて生きていくしかない」とした。

 小結・貴景勝は「付け人の立場もある。平和に終わってほしい」と貴ノ岩の進退にかかわらず、両者にあつれきが残らないよう願った。

続きを表示

この記事のフォト

「大坂なおみ」特集記事

「羽生結弦」特集記事

2018年12月8日のニュース