ヒヤリ!紀平、サモドゥロワと接触し謝罪 GPファイナル公式練習

[ 2018年12月8日 07:27 ]

フィギュアスケートGPファイナル第2日 ( 2018年12月7日    カナダ・バンクーバー )

<グランプリファイナル2日目>サモドゥロワ(右)と接触しヒヤリとさせる紀平梨花(撮影・小海途 良幹)
Photo By スポニチ

 女子フリーの公式練習が行われ、紀平梨花(関大KFSC)とサモドゥロワ(ロシア)が接触する場面があった。曲かけ中のサモドゥロワが後ろ向きに滑る進路に紀平が入ってしまい、それに気づいた紀平が止まって衝撃を受け止めた。紀平は接触した直後とサモドゥロワの曲かけ後の2度謝った。

 ショートプログラムの世界最高得点で首位に立った紀平は練習で得意の3回転半(トリプルアクセル)を10回中9回着氷。宮原知子(関大)、坂本花織(シスメックス)も40分の時間をフル活用して、精力的に調整した。

 女子フリーは8日(日本時間9日)に行われる。滑走はサモドゥロワ、宮原、坂本、ザギトワ(ロシア)、トゥクタミシェワ(ロシア)、紀平の順となった。

続きを表示

この記事のフォト

「大坂なおみ」特集記事

「羽生結弦」特集記事

2018年12月8日のニュース