安美錦は失望感、貴ノ岩“愚行”斬り捨て「責任大きい」

[ 2018年12月8日 05:30 ]

貴ノ岩 引退届受理

引退会見の冒頭、一礼する貴ノ岩。左は千賀ノ浦親方(撮影・会津 智海)
Photo By スポニチ

 現役最年長関取の十両・安美錦(40=伊勢ケ浜部屋)は、貴ノ岩の引退に失望感をにじませた。「去年のこの時期、どれだけ苦しい思いをしたか」。昨年11月、同部屋の弟弟子、元横綱・日馬富士が貴ノ岩への暴行の責任を取って引退。その騒動を間近で見てきた。それだけに、今回の“愚行”を「暴力をなくそうと、みんなで取り組んでいる中で…。彼がしてしまったということは責任が大きい」と斬り捨てた。

 また、「1人が謝って済む問題じゃない。これで協会の人や家族全部が悪い印象を持たれる」と、角界のイメージダウンも心配した。

続きを表示

この記事のフォト

「大坂なおみ」特集記事

「羽生結弦」特集記事

2018年12月8日のニュース