NBAバックスのデラベドーバがキャバリアーズにトレードで復帰 交換要員はヒル

[ 2018年12月8日 10:54 ]

3季ぶりにキャバリアーズに復帰するデラベドーバ(AP)
Photo By AP

 NBAキャバリアーズ、バックス、ウィザーズの間で7日、トレードが合意に達し、バックスはオーストラリア代表でもあるガードのマシュー・デラベドーバ(28)とセンターのジョン・ヘンソン(27)、さらに2021年のドラフト指名権(1巡目+2巡目)をキャバリアーズに放出。キャバリアーズからガードでシューターのジョージ・ヒル(32)とフォワードのサム・デッカー(24)を獲得した。

 デラベドーバは2016年にファイナルを制したキャバリアーズ優勝メンバーの1人で3季ぶりの古巣復帰。今季は12試合しか出場がなく、バックスではプレータイムが激減していた。

 昨季途中でキングスからキャバリアーズに移籍していたヒルは、スパーズ、ペイサーズなどを併せてNBAでは通算679試合に出場して平均11・6得点をマークし、3点シュートの成功率は38・4%。この日は地元クリーブランドでのキングス戦出場のためにホーム・アリーナに到着していたが、急きょベンチから外れた。

 なおバックスはデッカーをすぐにウィザーズに放出。ウィザーズからセンターのジェイソン・スミス(32)とドラフト2巡目指名権を獲得している。

続きを表示

この記事のフォト

「大坂なおみ」特集記事

「羽生結弦」特集記事

2018年12月8日のニュース