栃ノ心 重心低く7勝2敗、大関獲りへ充実 右肩ケガ不安なし

[ 2018年5月10日 05:30 ]

13日初日大相撲夏場所

碧山(右)と申し合い稽古をする栃ノ心
Photo By スポニチ

 大関獲りが懸かる関脇・栃ノ心は出羽海部屋で小結・御嶽海らと申し合いを行い7勝2敗だった。痛めている右肩の大事を取って9番で切り上げたが、低い重心から寄る充実の内容。「足も腰も大丈夫。下半身に不安がないことは大きい」と明るい表情を見せた。稽古を見守った春日野親方(元関脇・栃乃和歌)も「大丈夫です。いい感じできている」と目を細めた。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「卓球」特集記事

2018年5月10日のニュース