桃田4強、粘ってストレート勝ち 日本ランキングサーキット大会

[ 2017年5月30日 05:30 ]

ランキング大会男子シングルスで準決勝進出を決めた桃田
Photo By 共同

 違法賭博問題による無期限出場停止処分が解除されたバドミントン男子の桃田賢斗(22=NTT東日本)は、さいたま市内で行われた日本ランキングサーキット大会シングルス準々決勝で、古賀穂(早大)を21―19、21―7のストレートで下して、4強入りした。同じ富岡高(福島)出身の同窓対決は、先輩の桃田が苦しみながらも制した。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「卓球」特集記事

2017年5月30日のニュース