さくら「寂しさこみ上げた」、藍と同い年 ブログで胸中初告白

[ 2017年5月30日 05:30 ]

宮里藍引退会見

 同じ1985年生まれで小学生の頃から宮里と競り合ってきた横峯さくらは、29日付の自身のブログで胸中を吐露。「最初(昨年末)に聞いたときには、すごくビックリし、時間がたつにつれて寂しさがこみ上げてきました。先日発表があり、本当に引退するんだなと寂しい思いが大きくなりました」と記した。

 28日終了の米ツアー、ボルビック選手権に出場していた横峯は、好敵手への敬意を表したいとの理由で、立ち話の取材では感想を語らず「言葉をまとめる時間をいただきました」と説明。一番の思い出に2014年に国・地域別対抗戦、インターナショナル・クラウンでともに日本代表として戦ったことを挙げた。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「卓球」特集記事

2017年5月30日のニュース