リーチ2年ぶり代表復帰 ジョセフHC「彼がベストプレーヤー」

[ 2017年5月30日 05:30 ]

記者会見するラグビー日本代表のジョセフ・ヘッドコーチ
Photo By 共同

 日本ラグビー協会は、ルーマニア、アイルランドと対戦する6月に向けた日本代表スコッド33人を発表し、15年W杯で主将を務めたリーチ・マイケル(東芝)の2年ぶり復帰が決まった。都内で開かれた会見で全員の名前を読み上げたジェイミー・ジョセフ・ヘッドコーチは「(選出理由は)彼がベストプレーヤーだということに尽きる。(チーム適応に)時間がかかるかもしれないが、経験値があるので影響をもたらしてくれると思う」と期待を寄せた。

 33人中、今季のサンウルブズかアジア選手権日本代表に参加していないのは、リーチとツイ、マフィの3人だけ。19年W杯へサンウルブズと代表の一体化を進める中、例外となった3人に期待されるのは圧倒的なパフォーマンスだ。世界4位のアイルランド打倒へ、頼もしい男が再び桜のジャージーを身にまとう。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「卓球」特集記事

2017年5月30日のニュース