羽生、公式練習でジャンプ全て成功 今季初のSPノーミスなるか

[ 2017年4月20日 12:25 ]

ジャンプを何度も練習する羽生結弦
Photo By スポニチ

 フィギュアスケートの世界国別対抗戦(東京・国立代々木競技場)は20日に開幕する。男子のショートプログラム(SP)を控えた公式練習が午前中に行われ、世界選手権で3年ぶりの優勝を飾った男子の羽生結弦(22=ANA)はプリンスの「レッツ・ゴー・クレイジー」の曲をかけた際、4回転ジャンプを含む3本をすべて成功させた。

 最初の4回転ループの着氷を決めると、4回転サルコー―3回転トーループの連続ジャンプ、トリプルアクセルを立て続けに成功させた。

 「レッツ・ゴー・クレイジー」で舞う今季のSPではミスなく終えたことがまだ一度もないが、最終戦でのノーミスの演技に向け、状態の良さをうかがわせた。

続きを表示

「渋野日向子」特集記事

「ラグビーワールドカップ2019日本大会」特集記事

2017年4月20日のニュース