小平2打差2位発進 クヌートンが7アンダーで単独首位

[ 2017年4月20日 21:25 ]

<パナソニックオープン初日>17番、バーディーを決めギャラリーの声援に応える小平
Photo By スポニチ

 日本ゴルフツアー機構とアジアンツアーの共同主管大会のパナソニック・オープンが千葉CC梅郷C(7130ヤード、パー71)で開幕した。

 第1ラウンドを終え、ジェーソン・クヌートン(41=米国)が7アンダーの64で単独首位に立った。

 2打差の2位には、日本ツアー通算4勝の小平智(Admiral)、U・ドゥアンデチャ(タイ)が並んだ。岩田寛(フリー)のほか4人が3打差の4位で追う。

 前年大会覇者で昨季の賞金王・池田勇太(フリー)は、2オーバーの85位と出遅れた。

続きを表示

「渋野日向子」特集記事

「ラグビーワールドカップ2019日本大会」特集記事

2017年4月20日のニュース