日本ラグビー協会 アジア選手権登録23人を発表 22日第1戦

[ 2017年4月20日 05:30 ]

 日本ラグビー協会は、アジア選手権第1戦(22日、韓国・仁川)で韓国と対戦する日本代表の登録メンバー23人を発表した。SH流大(サントリー)ら代表キャップ保有者の先発は7人で、プロップ石原慎太郎(サントリー)、No・8徳永祥尭(東芝)、FB尾崎晟也(帝京大)ら8人のノンキャップ選手の先発が決まった。

 大会は日本、韓国、香港がホーム&アウェーでそれぞれ4試合を戦い、アジアNo・1を決める。

続きを表示

「渋野日向子」特集記事

「ラグビーワールドカップ2019日本大会」特集記事

2017年4月20日のニュース