松山英樹 日本勢単独最多の米ツアー通算4勝目!プレーオフ制し連覇

[ 2017年2月6日 09:10 ]

米男子ゴルフツアー フェニックス・オープン最終日 ( 2017年2月5日    米アリゾナ州スコッツデール TPCスコッツデール=7266ヤード、パー71 )

<フェニックス・オープン>第2ホールでティーショットを放つ松山(AP)
Photo By AP

 米男子ゴルフのフェニックス・オープンは5日、アリゾナ州スコッツデールのTPCスコッツデールで最終ラウンドが行われ、松山英樹(24=LEXUS)が日本勢単独最多となる米ツアー通算4勝目を挙げた。昨年に続いてプレーオフを制しての大会2連覇。

 首位と4打差の3位でスタートした松山は66で回り、通算17アンダーでウェブ・シンプソン(米国)とのプレーオフに突入。昨年に続いて4ホール目を制した。1打差の3位はルイ・ウェストヘーゼン(南アフリカ)。

 昨年10月末のHSBCチャンピオンズ以来となる今季2勝目で、1シーズン複数勝利も日本勢初。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「卓球」特集記事

2017年2月6日のニュース