現役最重量283キロ 大露羅 血管が脂肪にうもれて献血できず

[ 2017年2月6日 16:26 ]

献血に訪れた大相撲三段目の大露羅
Photo By スポニチ

 大相撲の力士が両国国技館で献血を行い、70人から約28リットルを採血した。ロシア出身の三段目で現役最重量283キロの大露羅(おおろら)は腕の血管が脂肪にうもれて検査ができず断念した。ベッドに寝た状態になれば血管を発見できる可能性もあり、関係者に勧められたが拒んだ。

 力士として過去7度の献血を経験してきた男は「献血は健康な人しか呼ばれない。中性脂肪の数値も46〜48ですから」と健康ぶりをアピール。食事のご飯は1杯に制限しているようで「体が大事。もう33歳ですからね」と笑った。インスタグラムのフォロワーは2万1000人超えの人気ぶりで、献血を終えた仲間らと自撮りをして笑顔で会場を引き揚げていた。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「卓球」特集記事

2017年2月6日のニュース