準V貴ノ岩 納得も…あと一歩「チャンスだったのに」

[ 2017年2月6日 05:30 ]

第41回大相撲トーナメント ( 2017年2月5日    両国国技館 )

 初場所で殊勲賞に輝いた貴ノ岩は準優勝に終わった。決勝戦で稀勢の里を追い詰めながら足を滑らせて自滅。師匠の貴乃花親方から優勝杯を受け取る稀勢の里の姿に「師匠から(トロフィーを)もらいたかった。チャンスだったのに…」と悔しがったが、一方で「いい相撲を取ったからいいか」と納得も。

 初場所から好調を維持しており「(春場所も)元気のいい相撲を取って三役を狙いたい」と高みを見据えた。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「卓球」特集記事

2017年2月6日のニュース