早川&遠藤組 再結成飾った リオ五輪バド複8強

[ 2017年2月6日 05:30 ]

1日限りの再結成を勝利で飾った早川賢一(奥)、遠藤大由組
Photo By 共同

 リオ五輪のバドミントン男子ダブルス8強で、昨年9月の国際大会を最後に解散した早川賢一、遠藤大由組(日本ユニシス)がさいたま市で行われたS/JリーグのNTT東日本戦でダブルスに起用され、1日限りの再結成を2―0の勝利で飾った。

 日本一3度、全英オープンで3度準優勝。15年の国・地域別対抗戦男子トマス杯で主将として日本を初の世界一に導いた30歳の早川は12日をもって引退してコーチとなる。五輪の時から体重が4キロ増えたそうで「遠藤とまた試合がやれて楽しかったが、体は重かった」と、腹をさすって笑った。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「卓球」特集記事

2017年2月6日のニュース