白鵬&鶴竜、初戦敗退 来場所で先輩の意地 稀勢が「刺激」

[ 2017年2月6日 05:30 ]

第41回大相撲トーナメント ( 2017年2月5日    両国国技館 )

2回戦の栃煌山との取組前に豪快に塩をまく白鵬
Photo By スポニチ

 白鵬と鶴竜はともに初戦で敗退した。山盛りの塩をまくファンサービスで盛り上げた白鵬だったが、栃煌山に敗れて早々と姿を消した。初場所の疲労も残っているが、4横綱で臨む春場所には「一番の先輩横綱として意地を見せられるように努力したい」と覚悟を示した。

 一方、初場所をケガで途中休場した鶴竜は久々に土俵に上がり「まだ治療中なので感触だけ」と淡々としながらも、来場所へ「(稀勢の里の存在は)刺激になる。強い気持ちでもっていきたい」と力を込めた。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「卓球」特集記事

2017年2月6日のニュース