野村、69で3打差12位 CMEツアー選手権

[ 2016年11月18日 08:53 ]

 米女子ゴルフの今季最終戦、CMEツアー選手権は17日、フロリダ州ネープルズのティブロンGC(パー72)で第1ラウンドが行われ、野村敏京は5バーディー、2ボギーの69で首位と3打差の12位につけた。宮里美香は71で19位、横峯さくらは72で32位。宮里藍は76で63位と出遅れた。

 フォン・シャンシャン(中国)が66で首位に立ち、柳簫然(韓国)ら2人が1打差。賞金ランキング2位のリディア・コ(ニュージーランド)は16位、同トップのアリヤ・ジュタヌガーン(タイ)は32位となった。

 出場68選手で予選落ちはない。

 ▼野村敏京の話 前半はグリーンのスピードが見た目より重かったけど、後半はうまく合わせられた。パットはどこに行っても自信がある。今のままリラックスしてやりたい。

 ▼宮里美香の話 内容はすごく良かった。パットは惜しいものがあって、もったいないボギーがあったが、後半はよく取り戻せた。ショットも切れていたし、アンダーで回れたのは良かった。

 ▼宮里藍の話 思ったタイミングでショットが打てず、苦戦してしまった。バンカーに入れた2ホールでダブルボギー。マネジメントがうまくできなかった。反省を踏まえて頑張りたい。

 ▼横峯さくらの話 タフなコースだと思った。風が吹いていると思ったら吹いていなかったり、それでボギーにしてしまったところもある。アンダーで回れたらうれしかったけど、イーブンだったのでまずまずだと思う。

続きを表示

「渋野日向子」特集記事

「NBA」特集記事

2016年11月18日のニュース