男子SPは金博洋が首位、チャンは3位 中国杯

[ 2016年11月18日 21:53 ]

男子SPで首位に立った中国の金博洋

 フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ第5戦、中国杯の男子ショートプログラム(SP)が18日、北京で行われ、金博洋(19=中国)が96・17点と高得点をマークし首位に立った。

 ダニエル・サモヒン(18=イスラエル)が自己べストの83・47点で2位、パトリック・チャン(25=カナダ)はジャンプのミスが響き83・47点で3位となった。

 金博洋は冒頭の4回転ルッツ―3回転トーループの連続ジャンプなどきっちりとまとめ、自己ベストの98・45点に近い得点を挙げた。

 村上大介(25=陽進堂)が欠場したため、日本勢は出場しない。

続きを表示

「渋野日向子」特集記事

「NBA」特集記事

2016年11月18日のニュース