ロケッツ Tブレイザーズ下し7勝目、ハーデンがトリプルダブル

[ 2016年11月18日 15:44 ]

今季3度目のトリプルダブルを達成したロケッツのハーデン(13)=AP

 NBAは17日に各地で5試合を行い、ロケッツは地元ヒューストンでトレイルブレイザーズを126―109(前半62―62)で退けて7勝5敗。ジェームズ・ハーデン(27歳)が32分の出場で26得点、12リバウンド、14アシストを記録し、第3Qまでに今季3度目のトリプルダブルをマークした。

 この試合では左膝を手術した本来のポイントガード、パトリック・ビバリー(28歳)が復帰して先発。25分の出場で11得点と3アシストを稼いだ。

 トレイルブレイザーズは7勝6敗。C・J・マッカラム(25歳)が26得点をマークしたものの、第3Qで21―38と引き離されて敗れた。

 ブルズは敵地ソルトレイクシティーでジャズを85―77(前半41―43)で下して4連勝で8勝4敗。ジミー・バトラー(27歳)が20得点、12リバウンド、ドウェイン・ウェイド(34歳)が18得点を挙げてチームを引っ張り、序盤戦では順調に白星を積み重ねている。

 ジャズは連敗で7勝6敗。センターのルディー・ゴベール(24歳)は16得点と13リバウンドを稼いだが、ここまで出場7試合連続で2ケタ得点を挙げていたゴードン・ヘイワード(26歳)は8得点に終わった。

 ティンバーウルブスは地元ミネアポリスで76ersに110―86(前半61―33)で勝って4勝7敗。14年シーズンの新人王、アンドリュー・ウィギンス(21歳)が35得点、10リバウンド、昨季の新人王、カールアンソニー・タウンズ(21歳)は25得点、10リバウンドをマークした。

 76ersは2勝10敗。新人フォワードのダリオ・サリッチ(22歳)が16得点をマークしたが、チームはロードで通算21連敗を喫した。

 ヒートは地元マイアミでバックスを96―73(前半48―48)で下して3勝8敗。ディオン・ウェイタース(24歳)が23得点、ハッサン・ホワイトサイド(27歳)は12得点と17リバウンドをマークして連敗を6で阻止した。

 バックスは連敗で5勝6敗。ヤニス・アンテトクンポ(21歳)は14得点どまりで、チームのFG成功率は32・9%と低調だった。

 ウィザーズは地元ワシントンDCでニックス相手に119―112(前半52―42)で勝利を収めて3勝8敗。ジョン・ウォール(26歳)が23得点と11アシストを挙げて奮闘し、チームの連敗は3でストップした。

 ニックスは5勝7敗。デリック・ローズ(28歳)が今季自己最多の27得点をマークしたが、第3Q終了時点で22点差をつけられて完敗を喫した。 

 <19日のテレビ中継>ウォリアーズ―セルティクス

 WOWOWライブ 9時45分~

続きを表示

この記事のフォト

「渋野日向子」特集記事

「NBA」特集記事

2016年11月18日のニュース