高木美 女子3000国内最高で7位 長野でW杯第2戦

[ 2016年11月18日 18:36 ]

 スピードスケートのワールドカップ(W杯)第2戦は18日、長野市エムウエーブで開幕し、女子3000メートルで高木美帆(日体大)が4分6秒19の国内最高記録をマークして7位となった。マルティナ・サブリコバ(チェコ)が4分3秒56で優勝。押切美沙紀(富士急)は14位、松岡芙蓉(富士急)は16位だった。

 男子5000メートルはウィリアムソン師円(日本電産サンキョー)が6分30秒00で14位。スベン・クラマー(オランダ)が6分15秒17で優勝した。格下のBクラスで、土屋良輔(専大)が国内最高を更新する6分23秒99で滑って1位となった。

続きを表示

「渋野日向子」特集記事

「NBA」特集記事

2016年11月18日のニュース