勇太、首位浮上 3番でエース ダンロップ・フェニックス第2日

[ 2016年11月18日 16:32 ]

<ダンロップフェニックストーナメント第2日>3番でホールインワンを達成した池田勇太はボールを拾い上げてギャラリーの声援に応える

 男子ゴルフのダンロップ・フェニックス第2日は18日、宮崎県フェニックスCC(7027ヤード、パー71)で行われ、13位から出た池田勇太が3番のホールインワンによるイーグルや4バーディー、2ボギーで67をマークし、世界ランキング21位のブルックス・ケプカ、米ツアー通算1勝のスマイリー・カウフマン(以上米国)とともに通算7アンダーの135でトップに浮上した。

 1打差の4位に藤田寛之がつけ、さらに1打差の5位に賞金ランキング首位の谷原秀人ら4人が並んだ。昨年覇者の宮里優作は通算2アンダーで17位。3オーバーまでの63人が決勝ラウンドに進出し、尾崎将司は腰痛のために棄権した。

続きを表示

「渋野日向子」特集記事

「NBA」特集記事

2016年11月18日のニュース