十両・遠藤 春場所出場を表明!ケガで初場所を途中休場

[ 2016年3月10日 11:50 ]

遠藤

 大相撲の十両・遠藤が10日、春場所(13日初日、エディオンアリーナ大阪)に出場することを表明した。

 右足首と左膝の負傷で1月の初場所を途中休場して以来、これまで出場可否は明言していなかったが、初日が3日前に迫ったこの日の朝稽古後に「大阪に入ってから出場に向けて前向きに自分なりにやってきた。まだまだですが、少しずつ良くなっていければいい。本場所の一番で、さらに良くなると思う」と正式に出場する方針を示した。

 師匠の追手風親方(元幕内・大翔山)によると、前日夜の段階で師弟で話し合って決断したという。

 この日の朝稽古では出稽古に来た鏡桜や、大翔丸らと14番取って11勝3敗と回復をアピール。師匠は「(十両で)10勝に持っていけるぐらいになった。(状態は)3分の1。不安はあるけど、予定通りにきている」と話した。

続きを表示

「渋野日向子」特集記事

「ラグビーワールドカップ2019日本大会」特集記事

2016年3月10日のニュース