女子代表候補に渡嘉敷ら18選手 リオまでに強化試合20戦以上

[ 2016年3月10日 05:30 ]

 五輪出場を決めたバスケットボール女子日本代表候補が都内で発表され、昨年のアジア選手権を制した渡嘉敷ら18選手が選ばれた。

 チームスローガンは「メダルへの挑戦」。リオ本番までに外国勢と20戦以上の強化試合を予定し、内海ヘッドコーチは「プレーを海外仕様に変えていく」と宣言。アジア選手権では1試合の平均失点を50点以下に抑えたが、さらに失点が予想される強豪との対戦を見据え「76得点以上が目標」と攻撃的スタイルで勝利を目指す。

続きを表示

「渋野日向子」特集記事

「ラグビーワールドカップ2019日本大会」特集記事

2016年3月10日のニュース