マニングに続きライオンズのWRカルビン・ジョンソン引退

[ 2016年3月10日 05:30 ]

 ブロンコスのQBペイトン・マニング(39)に続き、NFLを代表するWRカルビン・ジョンソン(30=ライオンズ)も現役を引退することになった。

 8日に発表されたもので、本人は「簡単な決断ではなかったが、親しい人間と相談した上で時間をかけて決めた」とコメント。12年シーズンにはNFL記録の1964ヤードをレシーブで獲得し、通算1万ヤード(115試合目)と1万1000ヤード突破(127試合目)はいずれも史上最速ペースとなっていたが“余力”を残す形で9シーズンのNFL生活に別れを告げた。

続きを表示

「渋野日向子」特集記事

「ラグビーワールドカップ2019日本大会」特集記事

2016年3月10日のニュース