貴乃花親方 超貴重資料入手 馳文科相とタッグの誓い

[ 2016年3月10日 05:30 ]

文科省を後にする貴乃花親方

 大相撲の貴乃花親方(43、元横綱)が都内の文科省で馳浩大臣(54)を表敬訪問した。日本相撲協会で春場所担当部長を務めたことのある同親方は春場所(13日初日、エディオンアリーナ大阪)を前に、江戸時代から大正末期まで存在した大阪相撲の歴史をあらためて学ぶために、国立国会図書館に足を運び、相撲協会にも残っていない貴重な資料を入手。

 その後、スポーツ庁の鈴木大地長官も同席の上、かねて親交のある馳大臣と会談した。貴乃花親方は「(大阪相撲の)資料集めに協力していただきました。今後も何かあれば、連絡してほしいと言っていただけました」と語った。

続きを表示

「渋野日向子」特集記事

「ラグビーワールドカップ2019日本大会」特集記事

2016年3月10日のニュース